ゴルフレッスン 東京 ライザップゴルフ ゴルフ用語

ゴルフ用語一覧

 

あ行 ▼か行 ▼さ行 ▼た行 ▼な行 ▼は行 ▼ま行 ▼や行 ▼ら行

 

あ行

アイアン

クラブの一種。遠くへ飛ばすというよりも狙ったところに打つためのクラブです。アイアンにもいくつもの種類があります。

アウトオブバウンズ

OBならなんとなく聞いたことがあるでしょうか?つまりゴルフ場のコースから外れた場所、またはそこにボールが飛ぶことを言います。

 

アウトオブバウンズ自体はゴルフ用語ではなく、球技では良く使われる用語です。ただOBと略して使うのは基本的にゴルフだけです。

アウトコース ゴルフコースは全部で18ホールありますが、前半の1番〜9番ホールまでをアウトコースと言います。お察しの通り、後半はインコースです。
アゴ バンカー(コース上の砂で覆われた窪地)のふちのこと。アゴがせり上がっていることを「アゴが高い」といったりします。アゴが高いとそれだけバンカーからの脱出が難しくなります。
アドレス ボールを打つときの構えをアドレスと言います。
アプローチ グリーン周りからピンを狙って打つショットのこと。つまり短距離で正確性が問われるショットです。
アプローチウェッジ グリーン近くのフェアウェイからグリーンに寄せるためのクラブ。ランで(転がせて)寄せたいときに有効なクラブです。
アルバトロス パー(そのホールを終える標準打数)よりも3打少なくホールを終了すること。例えばパー5のホールを2打で終えるとアルバトロスとなります。もちろん滅多にお目にかかれないです。
イーグル パー(そのホールを終える標準打数)よりも2打少なくホールを終了すること。例えばパー5のホールを3打で終えるとイーグルとなります。ちなみに、パー3でのイーグルは、1打でホールを終了するのでホールインワンとなります。
インコース ゴルフコースは全部で18ホールありますが、後半の10番〜18番ホールまでをアウトコースと言います。お察しの通り、前半はアウトコースです。
インパクト スイングのときにクラブのフェース(ボールを当てる平らな部分)がボールに当たる瞬間のこと。
インプレー プレー中のこと。ティーショット(一打目)からカップインまでがインプレーです。
ウォーターハザード コースにある、池など水のあるところ。ただし、「あそこのウォーターハザードに気をつけて!」なんて言ったりはしません。こういうときは普通に「池」と言えばOK。
打ち上げ 目標地点がボールを打つ場所よりも高いところにあること。
打ち下ろし 目標地点がボールを打つ場所よりも低いところにあること。
ウッド ヘッド部分(ボールが当たる箇所)が木できてるクラブのことですが、今は、「飛距離を出すクラブ」という意味合いが近いです。現在は、ほとんどが金属でできていますが、ウッドという名称だけが残った結果です。主にボールを遠くに飛ばすときに使います。
OK ボールがカップに近づき、明らかに外しようが無いと判断されたときに最期の一打を省略してしまうルール。ゴルフはプレーファーストが基本なので無駄な時間を生まないために用いられます。しかしあくまでローカルルール。
OB アウトオブバウンズの略。
オープンフェース アドレス(構え)のときにヘッド(ゴルフクラブのボールを当てる部分)が右を向いている状態です。これによりスライスやフェード系のショットが打てるようになりますが、世間ではどちらかというと、構えのときに図らずもフェースが開いてしまう悪い癖、という使われ方がされています。「オープンフェースを直すには〜」みたいな感じ。
オナー ティショットを最初に打つ人。つまり一番最初に球を打てる人。基本的に前のホールでスコアが一番良かった人がオナーとなります。一番最初のホールはくじ引きで決めることが多いです。
オン ボールがグリーンに乗ること。

 

か行

カート ホール上をキャディバッグなどを積んで移動するためのもの。乗用車をイメージする人が多いと思いますが、キャディーバッグを積むだけの手押し式のものもあります。
カジュアルウォーター 雨で出来る一時的な水たまりのことをいいます。つまりコースの障害物としては考えられていないのでボールが入ってもペナルティーにはなりません。予めコースに用意されている池など(ウォーターハザード)にボールが入った場合はペナルティーを受けます。
カップイン ボールがカップ(ボールを入れる穴)に入ること。
カラー グリーンの周りを囲む芝の色が異なるエリア。カラーに乗ってもグリーンオンしたことにはならないので注意しましょう。
カラーボール 色つきのボール。ゴルフボールは白が基本なので色を付けることによって同伴者とボールの見分けがつきやすくなります。ただし色によっては、ロストボール(ボールを紛失すること)の可能性が高まるので注意が必要です。
局外者(きょくがいしゃ) プレイに関係のない人や物のことを言います。つまり自分以外のプレーヤー、鳥や虫、風に飛ばされてきたものなどがそれに当たります。局外者によってボールが動いた場合は元の場所に戻してプレーを再開します。

ちなみに風や雨などの自然現象は局外者ではありません。

カップ コースにあるボールを入れる穴。つまりサッカーで言うゴールのことです。正式にはホールと言います。
グラスバンカー 長い芝で覆われた窪みのことです。一度入ってしまうとなかなか出ることができないので出来れば避けたいところです。似た言葉でバンカーがありますが、こちらは砂で覆われた窪みをいいます。こちらは、ハザード(障害)なのでルール上、クラブを地面につけてはません。しかしグラスバンカーはハザードではないので、クラブをつけてもOKです。
グリーン カップ周りの芝が短いエリア。つまりホールの終盤でカップインを狙う重要な場所です。
グリーンフィ コースを利用する際に発生する料金のこと。
グリーンフォーク ボールが落ちた衝撃でできた窪みを直すための道具。プレーヤーは必ずこちらを携帯して自分が作った窪みは直すのがマナーです。フォークみたいな形。
クロスバンカー バンカーとは、砂で覆われたハザード(障害物)のことですが、クロスバンカーは、フェアウェイを横切る形で配置されたバンカーのことを言います。なのでフェアウェイバンカーとも言います。
高麗グリーン 高麗芝という芝でできたグリーン。高麗芝は芝目が強いので、ボールが転がりづらくなります。ちなみに日本のゴルフ場は高麗グリーンが比較的多いです。
コースレート コースの難易度を表す指標。コース選びの参考にしましょう。ちなみに日本で一番コースレートが高いのは茨城にある鹿島の杜カントリー倶楽部というところです。
誤球 自分のボール以外を間違えて打ってしまうこと。もちろん誤球を行うとペナルティを受けます。ちなみにマッチプレー(1対1)で誤球を行うとそのホールは負けとなります。

 

さ行

暫定球 打ったボールが紛失した可能性があると感じた場合に保険として打つボールのこと。

 

暫定球は、ボールが紛失した可能性が出たときに、予め宣言をして打ちます。その後にボールが紛失していなければ、そのボールでプレーを続行できますし、見つからなければ暫定球でプレーを続けます。

 

要するに紛失したのを確認してから元の位置に戻って打ち直すと時間がかかるので、その時間と手間を省くための対策です。

サンドウェッジ バンカー(コース上にある砂で覆われた場所)用のクラブ。砂からボールを出しやすいように設計されています。バンカーショットは、クラブをボールに直接当てずに周りの砂ごとボールを打つことが多いです。ちなみにこのショットは砂がはじけ飛ぶことからエクスプロージョンショットと呼ばれます。
芝目 芝が生えている方向。打つ方向と同じ方向に生えている芝を順目(じゅんめ)、その逆を逆目(さかめ)と言います。それぞれボールにかかる抵抗が変わるので、打ち分ける必要があります。

 

ちなみにライザップゴルフでは室内でありながら芝目を考慮した練習ができます。

シャフト ゴルフクラブの柄の部分。スチール製やカーボン製があります。
シャンク クラブのホーゼル(ヘッドの手前の根元の部分)にボールが当たって右に飛んでしまうこと。つまりミスショットです。一見間抜けに聞こえますが、プロでさえ稀にシャンクするぐらいありがちなミスです。
修理地 言葉の通り修理中のエリア。グラウンドアンダーリペアとも言います。これはコースの障害として含まれているわけではないので、ボールが入ってしまってもペナルティ無しで救済を受けることができます。
ショートアイアン 言葉の通り、短い距離を打つためのアイアン。頻繁に使うクラブなので覚えておきましょう。
ショートカット 湾曲したコースで、木などを飛び越えて近道をすること。ただし難易度は高くリスクも大きいので、上級者向けです。初心者は無理にショートカットを狙わないことをオススメします。
ショット ボールを打つこと。これくらいはわかりますね。
ストロークプレー ホールは全部で18ありますが、全ホールのスコアを総合して競う競技形式をストロークプレーといいます。今はストロークプレーが主流でほとんどの人がこの形式でゴルフを楽しんでいます。逆にホールごとのスコアを競う形式をマッチプレイと言います。
スライス ボールに回転がかかって利き手の方向に曲がってしまうショットのこと。つまりミスショットを指します。プロがあえてボールに回転をかけてカーブさせることがありますが、これはスライスではなく、フェードと呼びます。曲がり方も異なります。
スルーザグリーン コース上のティーグラウンド、グリーン、ハザード(池やバンカーなどの障害)以外のエリアです。
セミパブリックコース メンバーが少なく、ビジターが主に対象となっているコースです。ちなみにメンバー制でないコースをパブリックコースと言います。
ソール クラブのヘッドの底の部分です。ちなみにこの部分が地面に触れることを「ソールする」といいます。

 

た行

ダフり スイング時にクラブでボール手前の地面を叩いてしまうこと。飛距離は出ませんし方向も狂うのでできれば避けたいショットです。
チョロ ボールがほとんど飛ばずに転がるミスショット。チョロはボールがほとんど前に進まないので一打が丸々無駄になる非常にもったいないショットです。
ティアップ ティショットを打つときにティにボールを載せること。ティショットは一打目のこと。
ティグラウンド ティショットを打つ場所のこと。ティにはレギュラーティ、バックティ、レディースティなどの種類があります。
ティマーカー ティグラウンドの場所を決める目印。レギュラーティは白、バックティは青、レディースティは赤など色が分けられています。
トップ ドライバーのヘッド(ボールを当てる部分)がボールの上部に当たってしまうミスショット。
ドライバー 一番ウッドの別名。一番飛距離が出るクラブ。ティーショットを想定して作られています。
ドロップ 池やカート道にボールが入ってしまった際の救済措置。ボールを拾って肩の高さから落とすことでプレイが続行できる位置にボールを移動させることができます。

 

 

な行

ネック クラブのヘッド(ボールをぶつける部分)とシャフト(柄の部分)を繋げる部分。
ニアピン ボールがピン(ホールに立てられている旗)に近づくこと。または一打でピンにどれだけボールを寄せられるかを競うこと。

 

 

は行

パー ホール毎に決められたホールを終える標準の打数。例えばパーファイブなら五打で終えるのが標準のホールという意味になります。
ハーフラウンド ゴルフは1ラウンド18ホールあるがその半分。つまり1〜9ホールを回ること。
ハザード コース上にある障害物のこと。水を用いた障害物(池や川など)はウォーターハザードと言ったりします。砂が敷き詰められたエリアであるバンカーもハザードの一種。
パター グリーン(ホール近くの芝が浅いエリア)でボールを転がすために使うクラブ。
バックスイング スイング時に腕を後ろに振る動作のこと。
バックスピン その名の通り、ボールに後ろ回転をかけること。バックスピンがかかることによってボールが着地した地点で転がらずにピタッと止まります。
パッティングライン パッティングをしたときのホールに入るまでのボールの軌道。略してラインと言うことが多いです。よくプロゴルファーがグリーンに顔を近づけている様子を見ますが、まさにあれはラインを読んでいる最中です。
パット パターでボールを打つこと。
バフィー 4番ウッドの別名。最近ではあまり使われなくなってきているクラブです。ちなみに4番ウッドをバフィーと呼ぶのは日本だけ。
パブリックコース ビジター(一般人)が対象になっているゴルフ場。
バンカー コース上にある砂が敷き詰められたくぼんだエリア。ボールが入ると中々抜け出すのが困難。
ビジター 非会員のプレーヤー。ゴルフ場には会員制のところとそうでないパブリックコースがあります。パブリックコースはビジターでも気軽にプレイができます。
ピッチングウェッジ ウェッジと言われるクラブの一種。ボールが打ち上がるのが特徴であまり飛距離は出ない。
ピン カップの位置を示す目印。
フェアウェイ ティーグラウンドからグリーンまでの芝が整備されたエリア。
フェース クラブヘッド(ボールを当てる場所)のボールを当てる面。ディープフェース、シャローフェースなどの種類がある。
フック ショットの際、ボールが利き手と逆方向に飛んでしまうこと。
ヘッドアップ スイング時に頭が上がってしまうこと。多くのゴルファーの悩みの種。ミスの原因になるので癖にならないように注意したい。
ペナルティ 違反したときに課せられる打罰。ペナルティは、一打、二打、あるいは失格の三種があります。
ベントグリーン ベント芝でできたグリーン。日本のゴルフ場で使われる二大メジャー芝で、高麗芝と双璧をなす芝です。特徴も高麗芝と間逆で、寒さに強く暑さに弱いです。芝目も高麗芝に比べて弱くボールに抵抗がかかりません。
ホールアウト ボールをカップに入れてそのホールでのプレーを終えること。
ボールマーク ボールがグリーンに落ちた衝撃でできる窪み。グリーンフォークで直すのがマナー。

 

ま行

マッチプレー ゴルフのラウンドは18ホールで構成されていますが、各ホールごとの成績で競う試合形式をマッチプレーと言います。対して全ホールの合計を競う試合形式をストロークプレーと言います。ストロークプレーのほうが一般的です。
ミドルアイアン 5、6、7番アイアンドライバーのこと。飛距離と正確性の両方を兼ね備えたクラブなのでとても重宝されます。ゴルフをプレーする上ではずせないクラブなので使いこなせるようになりたいですね。

 

や行

ヤード ゴルフで使われる(ゴルフに限らずですが)距離の単位。1ヤードで約91.4センチです。ゴルフはイギリス発症のスポーツですが、イギリスでは距離の単位をヤードで表すのでそのままゴルフでは世界的にヤードが用いられています。

 

男子では、230ヤード、女子なら170ヤード飛ばせれば平均でしょう。ちなみにプロ(男子)は300ヤード以上飛ばします。

 

 

ら行

ライ ボール周辺の地形の状態。「ライが悪いね」というように使います。しかしライの状態もゴルフを楽しむための要素です。ライが悪くてもクラブや足を使って地形を整えてはいけません。ありのままの地形を受け入れて乗り越えるのもゴルフの醍醐味です。
ラウンド 18ホールすべてをプレーすること。ちなみに半分の9ホールを回ることをハーフラウンドと言います。
ラフ フェアウェイ以外の芝の長いエリア。あえて草や芝の手入れがされていないので、ボールに抵抗がかかり、脱出が困難な場合もあります。
ランニングアプローチ ボールを転がせてピンに寄せるテクニック。大きなミスを避けることができるので、初心者にはとくにオススメのショットです。
レーキ バンカー(砂地のエリア)を整えるための道具。いわゆる熊手のうようなもの。バンカーでのプレーが終わったら必ずレーキを使って荒らした場所をならすのがマナーです。
ローカルルール ゴルフの公式ルールとは別にゴルフ場やコンペ運営者が独自に定めているルール。ローカルルールとオフィシャルルールをしっかり区別することが重要です。例えば同じゴルフ場でずっとプレーしていると、オフィシャルルールと認識していたものが実は、ローカルルールだったなんてこともあり得ます。そうすると、別のゴルフ場でプレーしたときに、ルール違反となり、最悪の場合失格になることも考えられるのです。
ロストボール 紛失球、またはボールを紛失すること。打ち込んだボールを5分以内に見つけられなかった場合、ロストボールとみなされます。

 

ちなみにロストボールはゴルフ用品店などで購入することができます。新品に比べて安価なので初心者は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ロフト フェース(クラブヘッドのボールが当たる面)の傾斜角度。角度が大きければ、ボールは打ち上がり、小さければ飛距離が伸びます。ただ飛距離が出れば良いというものではないので、プレー中は、状況に応じて適切なロフト角度のクラブを見極めて使い分けることがスコアアップの秘訣になります。
ロングアイアン 2、3、4番アイアンの総称。しかし最近では、あまり使われなくなっているクラブです。ヘッドが小さくシャフトが長いことから扱いが難しく敬遠されがちです。また、色々なクラブが登場したことにより、ロングアイアンではなければならないという局面が少ないのもその要因です。